契約書文例書式集(土地賃貸借契約書・建物賃貸借契約書)モデル文例・雛形・テンプレート・フォーマット
>>TOP
>>総合目次
>>建物賃借権の譲渡に関する合意書
土地建物の賃貸借契約書・使用貸借・フォーマット・雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・記載例・合意書

TOP
総合目次
Link



「建物賃借権の譲渡に関する合意書」の文例
このページは、契約書「建物賃借権の譲渡に関する合意書」の書き方・文例・書式・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマットを提供しています。
建物賃借権の譲渡に関する合意書

賃貸人 ○○○○(以下、「甲」という。)及び賃借人 ○○○○(以下、「乙」という。)並びに賃借権譲受人 ○○○○(以下、「丙」という。)は、本日、後記物件目録記載の建物(以下、「本件建物」という。)に関する賃借権の譲渡について、以下の内容で合意した。

第1条(賃借権譲渡) 乙は、甲乙間の平成○○年○○月○○日付賃貸借契約書に基づき、本件建物について有する賃借権を、平成○○年○○月○○日付けで、丙に譲渡する。

第2条(譲渡価格) 本件賃借権譲渡の対価は金○○○○円とする。

第3条(譲渡の承諾) 甲は、本件賃借権譲渡につき承諾をするものである。
2 乙は甲に対し、本日、本件賃借権譲渡の承諾料として金○○○○円を支払うものとする。

第4条(敷金) 甲は乙より預託されていた敷金を、本日、乙に返還する。
2 丙は甲に対して、本日、本契約の敷金として金○○○○円を預託する。

以上のとおり合意したことを証するため、本書3通を作成し、甲乙丙各自署名押印のうえ、甲乙丙各自その1通を保有する。

平成○○年○○月○○日

  賃貸人(甲)
   ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号   ○○○○ 

  賃借人(乙)
   ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号   ○○○○ 

  賃借権譲受人(丙)
   ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号   ○○○○ 

<物件目録>



契約書書式「建物賃借権の譲渡に関する合意書」について
このページは、契約書「建物賃借権の譲渡に関する合意書」の書き方・文例・書式・テンプレート・サンプルを提供しています。

建物の賃貸借契約書において、よく使われる用語
「敷金(保証金)」
敷金とは、不動産の賃貸借契約を締結する際に、借り主が、次のような目的で、貸し主に預ける金銭のことです。
1.賃料の不払いに対する担保
2.借り主が負担すべき原状回復費用の前払い分
したがって、契約が終了し、借り主が不動産を明け渡した後、上記1〜2の金額を控除した残額が、借り主に返還されます。
敷金(保証金)の一部を返還しない旨の特約がある場合がありますが、この返還しない部分のことを「敷引き(解約引き)」といいます。

「礼金(権利金)」
礼金とは、不動産の賃貸借契約を締結する際に、借り主が貸し主に、契約締結の謝礼として支払う金銭のことです。「敷金」と異なり、借り主に返還されません。

民法で規定されている契約について
民法では、典型的な契約として次の13種類の契約を規定しています。(典型契約)
贈与契約、売買契約、交換契約、消費貸借契約、使用貸借契約
賃貸借契約、雇用契約(雇傭契約)、請負契約、委任契約
寄託契約、組合契約、終身定期金契約、和解契約

土地の賃借権と地上権の違いについて
土地の賃借権と地上権の大きな違いは、次のとおりです。
・土地の賃借権は、勝手に譲渡できないが、地上権は、土地の所有者の
 承諾がなくても、他人に譲渡することができる。
・土地の賃借権は債権であるが、地上権は物権である

テナントの出店契約について
商業用テナントの出店契約の形態には以下のようなものがります。
 ・分譲契約
 ・店舗用建物の賃貸借契約(普通借家契約)
 ・定期建物賃貸借契約(定期借家契約)
 ・営業委託契約
 ・消化仕入れ契約
 ・ケース貸し契約

「営業委託契約」、「消化仕入れ契約」、「ケース貸し契約」のように、建物の賃貸借に当たらずに、借地借家法の適用がないケースもありますので、注意しましょう。



各種契約書(念書・覚書・覚え書き・合意書)の書き方・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマット
TOP     総合目次     Link     プライバシーポリシー
  Copyright (C) 2008 契約書文例書式集  All Rights Reserved.
http://keiyakuformat.kokuranet.com/